Python入門

Python for文を完全マスター|基本から応用まで

繰り返し処理を行うための重要な仕組み

Pythonのfor文は、繰り返し処理を行うための重要な仕組みです。使い方を理解することで、同じ処理を何度も書く手間を省くことができます。

本記事では、for文の基本的な使い方から実践的な使い方まで詳しく解説します。

for文とは?

Pythonのfor文は、リストやタプルなどのデータの集まり(イテラブル)を1つずつ取り出して処理するための構文です。以下のように書きます。

for 変数 in イテラブル:
    処理

イテラブルとは、リストやタプルのように、順番に要素を取り出せるデータの集まりのことです。

for文の基本的な使い方

リストの要素をfor文で処理する

リストの要素を一つずつ取り出して処理する方法を見てみましょう。以下のコードは、リストの中の果物の名前を一つずつ取り出して表示します。

fruits = ['apple', 'banana', 'cherry']
for fruit in fruits:
    print(fruit)

コードを実行すると、次のように表示されます。

apple
banana
cherry

リストの中の果物の名前が順番に表示されました。

タプルの要素をfor文で処理する

タプルもリストと同じようにfor文で処理できます。

fruits = ('apple', 'banana', 'cherry')
for fruit in fruits:
    print(fruit)

コードを実行すると、次のように表示されます。

apple
banana
cherry

タプルの中の果物の名前が順番に表示されました。

range関数を使ったfor文の使い方

range関数は、指定された範囲の数値を生成します。例えば、1から10までの数を2ずつ増やして表示するには、次のように書きます。

for i in range(1, 10, 2):
    print(i)

コードを実行すると、次のように表示されます。

1
3
5
7
9

1から始まり、2ずつ増え、9までの数が生成されます。

for文で配列やリストを処理する

辞書の要素をfor文で処理する

辞書はキーと値のペアで構成されています。for文を使って辞書の要素を取り出すには、次のようにします。

scores = {'English': 90, 'Math': 80, 'Science': 70}
for subject, score in scores.items():
    print(f'{subject}: {score}')

コードを実行すると、次のように表示されます。

English: 90
Math: 80
Science: 70

辞書に含まれる各科目の得点が表示されます。

セットの要素をfor文で処理する

セットは順序が保証されない集合です。for文でセットの要素を取り出すと、順不同で表示されます。

colors = {'red', 'blue', 'green'}
for color in colors:
    print(color)

コードを実行すると、次のように表示されます。

blue
red
green

セットに含まれる色が順不同で表示されます。

for文の条件分岐と制御

breakとcontinueの使い方

break

breakは、ループを途中で終了させたいときに使います。

for i in range(5):
    if i == 3:
        break
    print(i)

コードを実行すると、次のように表示されます。

0
1
2

iが3になるとループが終了します。

continue

continueは、ループの現在の反復をスキップして次の反復に進みたいときに使います。

for i in range(5):
    if i == 3:
        continue
    print(i)

コードを実行すると、次のように表示されます。

0
1
2
4

iが3のときの処理がスキップされます。

for文の応用編

カウント変数の使い方

for文でカウント変数を使うことで、繰り返し回数を制御できます。

for i in range(3):
    print(f'カウント: {i}')

コードを実行すると、次のように表示されます。

カウント: 0
カウント: 1
カウント: 2

カウントが0から2まで表示されます。

実践編:for文を使ったプロジェクト作成

簡単なプロジェクト作成

リスト内の全ての数値を2倍にするプログラムを作成します。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
doubled_numbers = []
for number in numbers:
    doubled_numbers.append(number * 2)

print(doubled_numbers)

コードを実行すると、次のように表示されます。

[2, 4, 6, 8, 10]

元のリストの数値が2倍になったリストが表示されます。

for文に関するよくある質問

Q1: for文の中でエラーが発生するのはなぜですか?

インデントが正しくない可能性があります。for文の中の処理は必ずインデント(半角スペース4つ)で揃えましょう。

Q2: range関数の出力が予想と違います。なぜですか?

range関数の引数が正しく設定されているか確認しましょう。特にstart, stop, stepの値を確認してください。

for文の基本的な使い方を理解して活用しよう!

今回は、Pythonのfor文について基本的な使い方から、より実践的な使用方法まで解説しました。for文はプログラミングを書く際に多くの場面で活用できます。基本をしっかりと理解して積極的に活用していきましょう。