VSCode

VSCodeで日本語表示が突然英語に?原因と解決策を徹底解説

言語設定を見直して日本語表示に戻そう

VSCode(Visual Studio Code)で日本語表示が突然英語になる問題は、言語の再設定やコマンドラインを使った言語指定で解決可能です。

本記事では、VSCodeの日本語表示が突然英語になる原因や対処法について詳しく解説します。

日本語表示が英語に戻る原因

アップデートによる設定リセット

VSCodeや拡張機能をアップデートすると、バグの修正や設定ファイルの更新が原因で言語設定が英語にリセットされることがあります。

VSCodeの設定ファイル(例えば、settings.json)のコピーを保持しておくことで、アップデート後に設定がリセットされた場合でも元の設定を復元可能です。

アップデート前にはVSCodeの公式サイトで言語設定に関連する変更点がないか確認し、変更がある場合にはアップデート後に言語設定を確認するのがおすすめです。

言語設定の不具合

VSCodeでは、アプリの更新、拡張機能の互換性の問題、またはユーザーの環境設定の間違いによって語設定に関連するさまざまな不具合やバグが発生します。

たとえば、日本語言語パックをインストールしても日本語表記にならない場合には、言語パックのインストール後に適切に言語設定がアクティブ化されていないなどです。

不具合の対処法

  • 不具合やバグに直面した場合は、まずVSCodeとすべての拡張機能が最新の状態にあることを確認してください。
  • インストール済みの言語パックが正しく適用されているかを確認し、設定を再度チェックしてください。
  • 問題が解決しない場合は、VSCodeのコミュニティフォーラムやGitHubでサポートを求めることができます。

VSCodeでの言語設定の確認と再設定方法

コマンドパレットを使用した言語設定の確認

STEP1:コマンドパレットを開く

VSCode内で「Ctrl + Shift + P(Windows/Linux)」または「Cmd + Shift + P(Mac)」を押して、コマンドパレットを開きます。

コマンドパレットを開く

STEP2:言語設定を検索する

コマンドパレットが開いたら、「Configure Display Language」と入力します。

「Configure Display Language」と入力

STEP3:言語設定を確認する

「Configure Display Language」を選択すると、VSCodeの現在の言語設定が表示されます。ここで現在選択されている言語を確認できます。

言語設定を確認

言語選択からの日本語の再設定

以下の手順から言語を日本語に再設定できます。

STEP1:コマンドパレットを開く

VSCode内で「Ctrl + Shift + P(Windows/Linux)」または「Cmd + Shift + P(Mac)」を押して、コマンドパレットを開きます。

コマンドパレットを開く

STEP2:言語設定の検索

コマンドパレットに「Configure Display Language」と入力し、表示されたオプションを選択します。

Configure Display Language

STEP3:日本語の選択

表示された言語リストから「日本語」を選択します。

日本語の選択

STEP4:VSCodeの再起動

変更を有効にするため、VSCodeを再起動します。再起動後、インターフェイスが日本語表示になっていることを確認します。

日本語表示

コマンドラインからの言語設定方法

コマンドプロンプトやターミナルでVSCode起動と言語指定

コマンドプロンプト(Windows)やターミナル(macOS)を使って、VSCodeを特定の言語設定で起動することができます。

言語設定を素早く切り替えたい場合や、特定のプロジェクトで特定の言語設定を使用したい場合に便利です。

Windows

  1. コマンドプロンプトを開く: スタートメニューから「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを開きます。
  2. VSCodeを特定の言語で起動: コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
code --locale=ja

VSCodeを日本語モードで起動します。jaの部分を別の言語コードに置き換えることで、他の言語でVSCodeを起動することができます。

macOS

  1. ターミナルを開く: Spotlight検索(Cmd + Space)で「Terminal」と入力し、ターミナルを開きます。
  2. VSCodeを特定の言語で起動: ターミナルに以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
open -a "Visual Studio Code" --args --locale=ja

Windowsの場合と同様に、VSCodeを日本語モードで起動します。言語コードを変更することで、任意の言語でVSCodeを開始できます。

VSCodeの日本語入力がおかしい時の対処法

VSCodeの日本語入力がおかしい時の対処法を4つ紹介します。順番に試してみてください。

1:VSCodeの再起動

ソフトウェアは長時間使用すると小さなエラーやメモリの問題が蓄積し、予期しない挙動を引き起こすことがあります。再起動することでこれらの問題がリセットされ、アプリケーションが正常に機能するようになります。

  1. VSCodeを完全に閉じます(ファイル > 終了を選択、またはウィンドウを閉じます)。
  2. 数秒待った後、VSCodeを再度開きます。

2:PCの再起動

PCを再起動することで、小さなエラーやメモリの問題がリセットされ、アプリケーションが正常に機能するようになります。

PCの「スタート」メニューから「再起動」オプションを選択するか、電源ボタンを使用して再起動します。

3:拡張機能を一時的に無効にする

特定の拡張機能がVSCodeの問題の原因である場合があります。一時的に無効にすることで、その拡張機能が問題を引き起こしているかどうかを判断できます。

拡張機能が原因で問題が発生していると思われる場合は、拡張機能を一時的に無効にしてみましょう。

拡張機能を「一時的に無効にする」方法

  1. VSCodeの左側にある拡張機能アイコン(正方形に4つの正方形)をクリックします。
  2. 問題が起こっている拡張機能を見つけて、それをクリックします。
  3. 「無効にする」を選択します(再度有効にする場合は、同じ手順で「有効にする」を選択します)。

4:設定ファイルをリセット

設定ファイルに不適切な設定が含まれていると、VSCodeの挙動に悪影響を及ぼすことがあります。設定ファイルをリセットすることで、アプリケーションをデフォルトの状態に戻し、問題の原因を設定から除外できます。

「設定ファイル」をリセットする方法

  1. Ctrl + Shift + P(またはCmd + Shift + P)でコマンドパレットを開き、「設定を開く(JSON)」と入力してEnterを押します。
  2. 表示されたsettings.jsonの内容を全て削除し、保存します(事前にバックアップを取っておくと安心です)。

設定をリセットする前に、現在の設定をメモ帳などにコピペしてバックアップを取っておきましょう

番外編:VSCodeを英語表示に戻したい場合

以下の手順で、VSCodeの言語設定を日本語から英語に戻せます。

英語に戻すための言語設定変更手順

STEP1:コマンドパレットを開く

Ctrl + Shift + P(Windows/Linux)またはCmd + Shift + P(Mac)を押して、コマンドパレットを開きます。

コマンドパレットを開く

STEP2:言語設定を検索する

コマンドパレットに「Configure Display Language」と入力し、表示されたオプションを選択します。

言語設定を検索する

STEP3:英語を選択する

表示される言語リストから「English」を選択します。この選択により、VSCodeの表示言語が英語に変更されます。

英語を選択する

STEP4:VSCodeの再起動

言語変更を適用するために、VSCodeを再起動します。再起動することで、全てのテキストが英語で表示されるようになります。

英語で表示

言語の再設定や言語指定で日本語表示を解決しよう

今回は、VSCodeの日本語表示が突然英語になる原因や対処法について紹介しました。日本語表示が突然英語になってしまうのは、アップデートや言語設定の不具合の可能性が高いです。あせらず1つずつ対処して日本語設定に戻してみてください。